いろいろな人、いろいろなタイプの良心を探りながら、自分の良心の成長を模索する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の友だち 1

 2000年の春から韓国の延世大学の語学堂(語学院)に通っていた。延世大学の語学堂と言えば、商社勤務の外国人家庭や国際機関の駐在員の子弟が韓国語を学ぶために集まるというイメージが強かったのだが、実際通ってみるとほとんど日本語圏の人が多かった。日本語圏というのは日本人、在日韓国人・朝鮮人の人たちということだ。もちろんクラスメートにいちいち「ご両親のお仕事は?」などとは聞かないので、もしかしたらそういう家庭もあったかもしれない。しかし私の周りにいた人たちは自発的に韓国語(および朝鮮語、以下韓国語で統一)を学びに来た在日の人が多かったように思う。あとは韓国から養子に出されて韓国語を知らない学生たち(韓国は結構、カナダやアメリカなどに国際養子縁組をしている)、そしてカザフスタンやキルギスタンから来た人たち、中国語を話す人たちも何人かいたように記憶する。
 台湾から来ていた女性はとても親切で穏やかな、そして大変な努力家であった。また確か北京だったと思うが、中国本土から来ていた人も2、3人いた。おそらく裕福な家なのだろう。彼女たちは主張は強いが、それほど頑張って韓国語を勉強していたという印象はなかった。
 私は早く韓国語を習得したくて留学生用の下宿や寄宿舎ではなく、街中の小さなワンルームの部屋に入った。周りはもちろん韓国人だけだ。
 ワンルームマンション(韓国語で“コシオン”といわれる一部屋3畳くらいの小さな勉強部屋スタイルの空間。もともとは司法試験や受験など集中して勉強できるように作られた建物)は、各部屋にベットと机とテレビと小さな冷蔵庫、そして収納ボックスしかない。ご飯は共同の台所で家主がご飯だけは炊飯器で炊いておいてくれるので、自分たちでおかずを持ち寄って食事をするのだ。シャワーやトイレも共同で使うからもちろん男女別のフロアーに分かれている。
 外国人は私だけだったから友だちを作るのは簡単だった。
(続く)
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

heban

Author:heban
東京都出身
43歳

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSS リンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。