いろいろな人、いろいろなタイプの良心を探りながら、自分の良心の成長を模索する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002年ワールドカップ日韓共同開催 1

 忘れもしない2002年ワールドカップ。私はもちろんソウルにいた。韓国のフィーバーは大変なもので、韓国戦が始まるとみんながテレビにある部屋へ集まり応援する。もちろん仕事場でも同じである。
 私は日本の両親から「プルグンアンマ(赤い悪魔_韓国サポーターのこと)のTシャツを送ってくれないか」と言われて、ちょうど友だちとインターネットでまとめて買おうと思っていたので、家族の分も一緒に注文した。私だけでTシャツの注文枚数は8枚になってしまった。日本では韓国との共同開催は楽しく明るい話題だったのか、私もそんな友好的な思いで日本と韓国両方を応援していた。
 ワールドカップでの両国の応援は最初は順調であった(ように見えた)。しかしネット上では日韓の感情的なやり合いはすでに始まっていた。
 一緒に住んでいた友だち、チャンスクとセジンと私は韓国戦が始まるとプルグンアンマの赤いTシャツを着てテレビの前で応援する。会社で試合があるときは、会社の同僚とワイワイやりながら試合を見て、家に戻るともう一度彼女らとあのゲームはどうだったとか、誰がこうだったとか、素人なりの研究とネット上の分析をまた話すのだった。
 会社では韓国の試合は韓国人、日本人全員が見る。しかし日本の試合は日本人しか見ない。日本人は二人しかいないので、自然、二人で応接室の大型テレビを見ることになる。そして試合が終わり席に戻ると後ろからどうだったかと声がかかるので、「うん、勝ったよ」と言うだけだった。
 そんなある日、まだ総当たりの予選リーグが行われていた時、セジンから添付ファイルのついたメールが来た。毎日顔を合わせているのに何のメールだと思いながらあけると、ほとんどコメントはなく、添付されていたファイルは「日本の京都の新聞に掲載された問題記事」という韓国ネチズンたちの投稿文とその新聞のコピーだった。
 私は何でこんな記事を彼女が送って来たのかわからなかった。私はネチズンの投稿文と原文の日本語の記事を読んだ。記事は韓国チームについてだったか韓国との共同開催自体についてだったか覚えていないが、何しろ辛口の評論記事だった。私が見るにそれほど悪質でも感情的でもない記事で、ただ韓国に対して辛口だという印象しかもたなかった。しかしネチズンたちはそれをひどく歪曲して感情的になっていた。ひどい悪口を書き並べ、いったい日本人にどんなひどい仕打ちを受けたら、ここまで日本人を罵倒できるのかと思うような文句ばかりだった。
 私は彼女が私にメールを送ってきた真意を探る気が失せるほど、送ってきたこと自体に落胆してしまった。しかし家に帰るとセジンはまだ帰っていなかったので、チャンスクに言った。別に彼女は何の反応もしなかった。セジンが帰ってくると私はメールを受け取ったことを言ったが、それだけで話は終わってしまった。その内容を持って私に何か言うことはなく、かえって私は何で彼女がいわゆる「反日メール」を私に送ったのかわからないままだった。
(続く)
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

heban

Author:heban
東京都出身
43歳

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSS リンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。