いろいろな人、いろいろなタイプの良心を探りながら、自分の良心の成長を模索する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良心の呵責 ~ 弟とシャーペンの芯

 私が初めて良心の呵責を覚えたのは記憶にある限りでは小学生の時だ。
 父親は私と弟を連れて時折パチンコに行った。ある日父親の台が大当たりしてたくさんの景品と替えられる時があった。(この頃はまだ現金に替えるシステムはなかった) いつもはチョコレートと取り替えるのだったが、その日はもっと高い物と交換していいというので私はシャーペンがほしいと言った。まだ小学校低学年だったので誰も学校でシャーペンなんて使っている子はいなかったが、私はそれがほしくてしかたなかった。初めてシャーペンを手にすると、何かハイソサエティーの仲間入りでもしたような、急にかっこいい大人になった気がした。
 それから少したって私の誕生日が来た。弟はお年玉を集めたのだろうか、自分のお小遣いで誕生日のプレゼントを買うという。弟はまだ保育園に通っている年なのでお小遣いはもらっていない。
 私は弟が一人で店で買い物をするのが心配になり一緒に目的の文房具屋さんへ行った。店に一緒に入ったのだが、弟は何を買うのかを言わない。まだ秘密だと言って私に「店の外で待っていて」と言う。それで私は店の外で待っていた。弟はすぐ小さな長細い包装紙を持って出てきた。
 私は中身がひどく気になった。なぜかといえばその時の私は無性にシャーペンの芯がほしかったので、弟がそれを私の代わりに買ってくれないかなと思っていたからだ。しかし、袋の大きさからするとシャーペンの芯ではない。私は家に帰る道すがらどうにか袋の中身をつきとめて、弟にシャーペンの芯に買い換えてもらうよう説得できないかと頭を働かせた。
 道を歩く保育園生の弟の横にくっつきながら、何気なく袋の中身は何かと聞いてみる。しかし弟は初めてのプレゼントという何か誇らしい思いがあるようで、開けるまでは言わないと言う。すたすたと歩く弟にそれでも執拗になおかつていねいに「中身をあれかこれか」と聞いてみる。そしてやっと弟が中身を言った。それはボールペンだった。おそらくどうやってためたのかはわからないが100円玉を持って店に行ったようだった。しかし100円あれば充分シャーペンの芯が買える。そこから私は物欲に目がくらみ、お姉ちゃんのために初めてプレゼントを買った健気な弟に、自分の好きな品物に買い換えさせる切りくずし工作をはじめるのだ。
「ボールペンか、ボールペンもいいけど、シャーペンの芯もいいよ」
「お姉ちゃん、シャーペンの芯がほしかったんだけど、、、」
 何と身勝手なお姉ちゃんだろうか。お姉ちゃんは小学生だったからお小遣いをもらっていた。自分で買えばいいだけの話なのだ。しかし弟はまだお小遣いもなく、どこでためたか少ないお金を自分のために使うのでなく、お姉ちゃんのプレゼントを買うと言って文房具屋まで来たのだ。それを自分の好きなものに買い換えさせようとしているのだから。。。
 しかし気のやさしい弟は私の頼みを聞きいれ、家に帰る道を途中で引き返して文房具屋でシャーペンの芯と換えた。私は喜び勇んで店を出た。一緒に出た弟に私は必死に自分が喜んでいることを伝えようとしていた。おそらくすでに弟に申し訳ないと思っていたようだ。
 弟はまだ小さくて小学生の私の後をくっついて真似をしているような年だ。しかしその時だけは私の後ろでなく前をしっかりと文房具屋に向って歩いていた。弟の中にはお姉ちゃんのプレゼントを買うという強い思いがあって、すたすた一人でも大丈夫だというように歩いていたのだ。その気丈な姿が今でも思い出される。だから私は買い換えた後に胸が痛んだ。弟の気持ちを踏みにじったような気がした。彼がプレゼントにボールペンを選んだのはきっと私がシャーペンを大切にしていたからだ。それを見て幼いながらに似たようなボールペンをあげたら、また同じように私が喜ぶと思ったに違いないのだ。
 このことを30年近く経ったある日、弟にその話をした。すると弟は一言、
「そんなことあったっけ。全然覚えてねーな」と言った。
 やさしく気丈な弟はきっとその時、お姉ちゃんが喜んでくれたから「よし」と思ったのだろう。何のわだかまりもなく記憶のかなたへ流してくれたのだから、私が「ありがとう」というべきかもしれない。
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

Author:heban
東京都出身
43歳

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSS リンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。