いろいろな人、いろいろなタイプの良心を探りながら、自分の良心の成長を模索する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流について 1

 私はここ何年間かずっと韓国に住んでいる。そのため日本での出来事はインターネットを通してのニュースでしかわからない。最近、フジテレビの韓国ドラマやハングル文字の大量の放送がずいぶんと話題になっているニュースをネットで見た。きっかけはいち俳優のツイッタ―のつぶやきからだと言うから少々驚いた。
 確かに韓国のネチズン(ネット市民)たちもすごい力を持つ。故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の大統領選、選挙当日の最後の数時間、いや最後の数十分だったかの劇的逆転当選は「ノサモ」(ノムヒョンを愛する集まり)というネットを中心とした活動勢力の力が大きかった。ネチズンの力を国民的に認知させた大事件となった。しかしその分ネット文化のマナーの重要度が高まる。韓国のネチズンのマナーははっきり言って悪い。芸能人はそれで精神的に追い詰められる例が今でも後を絶えない。
 フジテレビの偏向報道と言われる視点の是非をちょっと横に置いて、私はまず日本のツイッタ―が悪用されるスキのたくさんあることが、心配になった。
 さて本題の韓流についてだが、まず思うことは、もう相当のバブル状態だろうにということである。「なぜあのドラマが今頃日本で流れているのか」とか、「え、彼も(彼女も)日本へ行ってデビューするの?」と韓国の芸能界をそれほど知らない私でさえ、猫も杓子も日本へ行くのかとよく思っていたものだった。
 そして今、このフジテレビの韓国偏重報道と一部で批判されているのだから、「ああ、やっとそろそろ潮時が来たのかな」と私は簡単に考えていたのだが、どうやらそうでもないようだ。
(続く)
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
最新記事
プロフィール

heban

Author:heban
東京都出身
43歳

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSS リンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。